ウォータージェットの食品加工1

Foods2

ウォータージェットの食品加工2

Foods2

ウォータージェットの食品加工3

Foods3

食品

食品加工

ピュアウォータージェットの加工技術は、他の加工方法に比べて生産性、衛生面に優れておりUSDA認定を受けた加工方法です。実際に食品の加工は、早い段階からウォータージェットを応用してきたアプリケーションの中の一つです。今日では、食肉、鶏肉、魚介類、農産物、パン菓子類、冷凍食品のほか、飴やチョコレートの加工に至るまで、Flowの超高圧ウォータージェットは幅広く使用されています。

滑らかな仕上がり

刃物や金属での食品加工とは違い、水のみを使用するので食品から食品へと細菌が伝播することがなく、また刃を研ぐ時間を節約することもできます。加工の質は非常に高く、汚れや損傷のない滑らかで清潔な切断面に仕上がります。

細い切り幅

通常の食品アプリケーションでは、0.10mmから0.23mmほどの切り幅で加工をすることができます。これは人間の髪の毛ほどの細さであり、この細い切り幅によって切削時の無駄な食材廃棄はほぼありません。また複雑な形状の加工も可能です。

ウォータージェットにおける食品加工の特長

  • 水のみによる切断加工
  • Flowのウォータージェットシステムと食品加工機械の容易な統合
  • 細菌が伝播しない
  • 製品の違いに応じて設定調整が可能
  • オペレータの安全性の保障
  • 重工業用設計のため日々の過酷な加工にも対応可能