ウォータージェットの紙製品加工
ウォータージェットの紙製品加工2

Paper2

ウォータージェットの紙製品加工3

Paper3

紙製品

紙製品加工

ウォータージェットは、製紙産業や使い捨ておむつ業界のあり方を変えました。30年前から製造業界では、加工機の信頼性、冗長性、24時間稼動といった今でも多くの業者が抱える課題に直面してきました。そこで誕生したのがウォータージェットスリッティングシステムであり、紙製品や使い捨ておむつを切断する最速かつ効率的な方法です。粉塵の発生もなく、切れ味が鈍くなることもありません。

滑らかな仕上がり

軽量紙やティッシュペーパーを加工する場合、ウォータージェットは鋭利なナイフと同等の高い切断力を持っていることがエッジ評価のテストで確認されています。その上、ウォータージェットは決して切れ味が鈍ることがないためメンテナンスが少なくて済み、稼動サイクルも長くなります。また、コーティングされた紙の束でもエッジを破損することなく切断し、おむつに関しては形状に合わせて驚くほどのスピードで加工します。

細い切り幅

ウォータージェットは、あらゆる速度、角度でも綺麗に切断することができ、どんな自動スレッディング装置にも簡単に組み込むことができます。

ウォータージェットにおける紙加工の特長

  • 粉塵の発生がない
  • 冗長性が高いため24時間稼動が可能
  • 作業環境の改良
  • スリッティング加工により巻き戻しが不要
  • 丈夫なエッジ加工
  • 清潔な切断面
  • 細い切り幅