ウォータージェットの精密加工1

Precision Cutting1

ウォータージェットの精密加工2

Precision Cutting2

ウォータージェットの精密加工3

Precision Cutting3

ウォータージェットの精密加工4

Precision Cutting4

精密加工

精密加工

ウォータージェットは、ニアネットシェイプ加工から精密加工まで柔軟に対応できる汎用性の高いツールです。複雑形状の微細加工も可能なダイナミックウォータージェットやダイナミックウォータージェットXDのような最先端の切断技術を利用すれば、高速かつ容易に+/-0.025mmの精度で加工をすることができます。

滑らかな仕上がり

ウォータージェット加工では機械的応力や熱影響を受けず、それに伴う歪みなども発生しないため、仕上げなどの二次加工は基本的に不要です。

細い切り幅

ウォータージェットは通常0.76mmから1mm程の細い切り幅で切断するため、間隔を最小限に抑えたネスティングや部品の共有ラインを切断するネスティングができ、材料を最大限に利用することができます。

ウォータージェットにおける精密加工の特長

  • 生産性の向上、高速かつ高精度な加工
  • 非常に細い切り幅による微細加工
  • 材料にばらつきがあっても問題なし
  • 材料の節約 — スクラップ材の削減
  • クランプは最低限の横力と垂直力で十分
  • 材料の厚みに応じた単一パスでの加工
  • 熱影響を受けない
  • ニアネットシェイプ加工が可能