ウォータージェットのガラス加工1

Glass1

ウォータージェットのガラス加工2

Glass2

ウォータージェットのガラス加工3

Glass3

ガラス

ガラス加工

Flowのウォータージェットなら、繊細なガラス製品の加工やピアッシングも問題ありません。複雑なステンドグラスの加工からガラスの穴開け、防弾用の合わせガラスの加工まで、様々な産業分野において幅広く活躍でき、コストパフォーマンスも良いと認められています。

滑らかな仕上がり

穴開けはもちろん、対照的なステンドグラスなどの繊細な加工を施すのができるのもFlowのウォータージェットの強みです。ウォータージェットでガラスを切断加工する場合、エッチング処理やガラスカッター用に「割る」作業が不要なので、材料の無駄を減らしプログラミング様式の制限もありません。Flowの特許技術ウルトラピアスオプションを使用することにより、非常に繊細なガラス製品のピアッシングもワークピースに亀裂や凹みを与えずに行うことができます。

細い切り幅

切り幅の細いアブレイシブウォータージェットであれば、複雑な形状を含むほぼあらゆる模様の加工が可能です。

ウォータージェットにおけるガラス加工の特長

  • 複雑な模様の加工
  • 生産性の向上、高速かつ高精度な加工
  • 非常に細い切り幅による微細加工
  • 材料の節約 — スクラップ材の削減
  • 作業コストの低減 — ウォータージェットオリフィスや研磨材の調整ノズルの頻繁な交換は不要
  • 難しい傾斜にも対応した全方位カッティング
  • クランプは最低限の横力と垂直力で十分
  • 材料の厚みに応じた単一パスでの加工
  • ニアネットシェイプ加工が可能
  • 工具にかかるコスト、ライター、フレキシブル工具の削減